rankup のすべての投稿

借金をおまとめローンで返済するデメリットは無し?

借金をいくつか抱えてしまった時は、おまとめローンを利用してその借金を1つにまとめて返済を目指すという方法もありますよね。
あちこちで借りた借金を、このように1つにまとめることができるおまとめローンは、まさに魅力的!このように思う人もとても多いかと思います。
確かに、このようにおまとめローンは借金を1つにまとめることができるという部分は、とても魅力的な部分であり、メリットです。
ですが、メリットだけではなく、当然おまとめローンにもデメリットがあるわけですから、しっかりとおまとめローンを利用したいと思ったのならデメリットも理解すべきなのではないでしょうか。
ではいったい、あちこちで抱えてしまった借金をおまとめローンを利用して1つにまとめた場合、どのようなデメリットが、あげられてしまうのでしょうか?
デメリットのひとつに、必ずしも低金利を実現することができるというわけではないという部分もあげられます。
そもそもおまとめローンを利用して借金を1つにするという行動は、借金をただ単にまとめるためではなく、低金利を目指すためでもあるはずです。
では、それはなぜか?やはりこれは、低金利をおまとめローンを利用して実現することが出来た場合、低金利になった分、以前よりも金利の負担が減らせるからです。
何となくおまとめローンの話題を出すと、このような魅力的なメリットがピックアップされ、誰もがそうなると思ってしまいがちなのではないでしょうか?
ですが現実は、この低金利をすべての人がおまとめローンを利用することで実現することができるわけではないようです。
借金の状況により、中には逆におまとめローンを利用して1つにまとめたことにより、低金利を実現することができないという場合もあるのです。
逆に、金利がおまとめローンを利用して高くなってしまえば、当然、借金の返済により負担がかかる状態になってしまうといえますよね。
このようなおまとめローンの金利によるデメリットを受けてしまう場合もあるようです。
ですからしっかりと、おまとめローンを利用して借金の返済をしようと思ったのなら、まずは審査申し込みをする前に試算をしてみることも大切です。
やはりこのようにおまとめローンも、メリットだけではなくデメリットもきちんと意識して、自分の借金返済に活用するかどうかを考えるべきなのではないでしょうか。
借金の返済は、自分の借金に合った方法を活用することも、意識しておきたいものですね。

借金で困った時は弁護士や司法書士に頼んで任意整理を

借金を抱えて困っている人は世の中に沢山います。
返したくても返す手立てがなく、毎日の生活さえもままならないという人たちです。
初めは小さな額からだったのがいつの間にか大きな額になり、利息を払うだけで精一杯になってしまったという話は良く聞きます。
そうなってしまってはまともな生活はもはや望めません。
そういう方はぜひ弁護士か司法書士に相談してください。
どんな理由で借金をしたとしても、自分が払えるまでに額を減らすことができる法的救済措置があります。
それを債務整理と呼び、その中でも一番良く利用されているのが任意整理という仕組みです。
お金を貸した側と借りた側が裁判所を通さずに、間に弁護士や司法書士に立ってもらって話し合い、借金の減額や返済方法について交渉することです。
任意整理の良い点は利息制限法の上限である20%を超える金利でお金を借りていた場合、取引が始まった時まで遡って計算をし直して、払いすぎた借金を減らすことができる点でしょう。
また昔から借金をしていない人でも、これから先の利息を払わなくて良くなる将来利息の免除を受けることができます。
借金があってどうしようもなくなっても、決して悲観せずに弁護士や司法書士に相談して任意整理を行えば、再出発をすることができるようになります。

任意整理で出来る事とは?

カードローンやキャッシングを利用した際に、元金が限度額ギリギリとなっている事で毎月の支払いが苦しい方や利息の支払いに追われ元金の返済が進まないといった方が元金減額を目的に利用しているのが任意整理です。
任意整理を利用する事で元金減額が出来るだけではなく、払い過ぎた利息の返還が出来る過払い金請求や将来利息の免除といったメリットを得る事も出来ます。
また、任意整理を利用する際には、司法書士や弁護士の方に依頼や委任をする事になります。
任意整理の手続きの前には、面談や債権者との交渉を行う必要があります。
面談では、詳しい情報を利用者から聞き出し、減額する事が出来る金額や利息制限法を用いた利息の計算を行います。それ以外でも手続き完了後に始まる返済の際に、生活に負担がかからないような返済計画の提案や相談をしてもらう事も出来ます。
任意整理では、債権者との交渉は利用者本人ではなく担当者が代理人として行います。
債権者側の意見も取り入れながら両者が合意する事の出来る返済方法や元金減額を話し合う事になります。
債権者にデメリットが多くある事から交渉が難航する事も珍しくないので長期間かかる場合がある事に注意する必要があります。
合意を得て書類作成や確認・承認をする事で全ての手続きは終了となり、元金減額となります。

破産手続きの流れや期間について

借金が膨らみ支払いが出来なくなった場合の最終手段として利用されるのが、自己破産です。
自己破産は借金がすべて無くなるというメリットがある反面、財産を手放さなければいけなくなったりブラックリストに乗ったりと、様々なリスクもあります。
そんな自己破産はどのような手続きを行い、どれくらいの期間かかるのでしょうか。
まず最初に行うことは必要な書類を準備して、地方裁判所に提出します。
必要書類には破産申立書・免責申立書・陳述書・債権者一覧表・保有している資産の目録や家計の状況がわかる書類・戸籍謄本・住民票・クレジットカード・車検証などが必要になります。
この書類を一式そろえてやっと申請を行うことが出来ます。
書類に一つでも不備がある場合申請を行えない為、漏れがないように注意しましょう。
書類の提出後は裁判官から免責不許可理事由に該当しないか質問を受け、その後にやっと破産の手続きが開始されるといった流れになります。
完了するまでの期間は早ければ3か月程度、遅ければ1年以上かかる事もありますが、大体3か月~6か月程度で完了することが多いです。
準備する書類も複雑だったりいろいろと手続きをしなければいけなかったりと、自分で行うことはとても大変です。
その為弁護士や司法書士に依頼すると、スムーズに進められ完了までの期間も短くなるのでお勧めです。

自己破産件数の推移について

住宅ローンや投資、さらには生活資金のために借り入れた債務を返済できなくなることで、自己破産手続きを行う方がいます。
自己破産の件数は、平成3年にバブルがはじける前までは、年間1万件程度でしたが、バブルがはじけてから年々増加をし、平成15年には25万件を超える自己破産件数となりました。
その後、景気は多少回復したものの、本格的な景気回復がないまま経済は推移していますが、自己破産件数は毎年減少を続けています。
平成20年から21年にかけて自己破産件数の減少が足踏み状態となりますが、金融円滑化法の施行が追い風となり平成27年には6万件ちかくまで減少しています。
金融円滑化法は、平成25年に終了となりましたが、金融庁の指導により、債務者が返済のリスケジュールや任意整理の提案を行った場合には銀行も相談に乗る姿勢になったことも減少の原因となっています。
また、銀行もリスケジュールや任意整理を行った方が結果としてより多くの債権回収が可能だということを対応を通じて学んだという側面もあります。
景気対策としてゼロ金利(マイナス金利)政策が行われ、利率の見直しをしてもある程度吸収できる状況が生まれていることもあり、今後もこの傾向は継続していくと考えられます。

自己破産したら税金も免責になるの?

自己破産は借金の残高をいったんゼロにして、新たに再スタートを切ることのできる方法です。
消費者金融や銀行から借りた借金はすべてゼロにしてもらうことが可能ですが、税金の未納分についてはどうでしょうか。
結論から言うと自己破産を行ったとしても税金の未納分については免責されません。
免責されない債務としては他に社会保険料の未納分や子供の養育費・損害賠償債務(誰かに対して損害を与えた場合にその弁償をしなければならない債務)などがあります。
それでは税金については支払いを免責してもらうことは絶対にできないのでしょうか。
結論的には非常に難しいということなりますが、非常に収入が少ない人の場合、住民税などであれば市役所に相談に行けば免責や分割払いの相談にのってもらえるケースもあります。
税金は国・都道府県・市区町村などそれぞれ担当部署があるので、相談はそれぞれの受付窓口に相談する必要があります。
自己破産をした後には金融機関からの融資は基本的にしてもらえないことになりますので、その後の税金や社会保険料の支払いについても十分に準備をしておく必要があります。
自己破産手続き後には家族のサポートを受けるなども視野に入れておくようにしましょう。

任意整理中にパスポートの申請は可能か

任意整理は弁護士や司法書士を雇い、債権者との間に入ってもらうことで和解をし、金利の問題や今後の返済計画などを新たに提示して、お互いに合意することで借金の返済を楽にする方法です。
裁判所を通さずに行う方法で、返済期間や利息制限法によっては払いすぎたお金を過払い金として受け取ることも可能なため、借金を大幅に減額することも可能です。
この任意整理を行っている最中にパスポートの申請を行うと、何らかの厳罰を受けるのではと気になるかもしれませんが、借金とパスポートの申請自体には関係性はないため問題ありません。
しかし、パスポートを作って海外旅行に行こうというのであれば、その分のお金を返済に回すべきで、債権者や弁護士などにそれが見つかればあまり良い顔はされないでしょう。
とはいえ、仕事で海外出張が入ればパスポートも必要になるので、そういった人は気にすることなく申請を行うと良いでしょう。
仕事ができなければ返済も不可能になるので、債権者も目くじら立てるほどではないでしょう。
ただし、任意整理を行うと金融事故となるため、信用情報におよそ5年間記載され、クレジットカードなどが作れなくなるため、買い物などはすべて現金で支払うことになるので注意しましょう。

株暴落によって破産しないよう研究・対策が必要!

株取引によって資金運用し、そこで生じる差を利益としてお金を稼ぐ方法があります。
株は経済の流れに十分注意しなければならず、ニュースや政治に強い関心を持つ必要があります。
また、購入する際はその会社をよく調べ、経営状況やイベント等を見ておく必要があります。
なぜそこまでやる必要があるかと言うと、いつ暴落するか検討がつかないからです。
金融問題が発生した際、良い面なら問題はありませんが、悪い面で発生した場合、株は一気に暴落してしまいます
暴落すると保持者は破産してしまいます。
株の価値が一気に下がってしまうため、保持していても持ってないに等しいレベルになり、場合よっては紙切れも同然になります。
今までの資金運用のバランスは一気に崩れ、破産することは安易に予想できます。
この破産を回避する方法として、念入りに研究しておき、最小限に抑える対策方法を練る必要があります。
過去に暴落したデータを集められるだけ集め、それをもとに研究することがオススメになります。
また、株を購入する際は、リスク軽減するためにも、あらゆる箇所から購入すると良いでしょう。
1つの会社・企業に絞った場合、そのリスクは大きくなる可能性があるので、破産を避けるためにも複数箇所の購入が良いです。
また、予想し、暴落する前に売り払うことが一番良いです。

債務整理の依頼をする時は事前にいくらかかるのか確認しよう

いくつかの消費者金融から借り入れを行っていると、債務が膨らんでしまうことが考えられます。
自分の預貯金や給料だけでは返済ができないときには、債務整理について考える必要があります。
債務整理は自己破産などのような法的な手続きによって、借金問題を解決する方法のことで、自力で行えるものもありますが、一般的には弁護士に依頼する人が多いです。
債務整理の中でも自己破産は代表的な手続きとなり、弁護士に依頼したときには30万円~40万円ほどの費用がかかります。
債務整理の依頼をしたときの費用はあくまでも目安で、法律事務所ごとにいくらかかるのかは異なってきますので、事前に確認しておくことが重要です。
それぞれの手続きについていくらかかるのか調べるためには、初回相談を無料で実施している法律事務所に行く方法があります。
無料相談で正式な依頼をしたときには、いくら必要になるのか聞くことが可能で、費用のことを気にしないで質問できる点がメリットとなります。
無料相談を行っている法律事務所の中には、電話相談やメール相談の方法を利用できるところがありますので、法律事務所を訪れる前に確認しておくこともおすすめできます。
債務整理の方法としては、任意整理を選択することもできますが、1社あたりの債務について5万円ほどの着手金と、別に成功報酬を支払うことになります。

破産を行う場合には代理人を複数雇う必要がある

破産を行う際には代理人を複数雇う必要があります。
まず債権者に対して申し立てを行うための、申立人と、財産の管理を行う破産管財人です。
管財人と申立人の違いは、申立人が債権者に対しての各種申請や申告に宣告を行うのに対して。
管財人は主に債務者の財産を管理するのが主な業務となっています。
管財人は破産した人から新たな財産が見つかった場合には、それらを債権者に対して支払う事も業務にしているので、申立人とはまた違った業務を行うことになります。
代理人の中でも管財人入っていの権限をもっており、宣告を受けたものの郵便物の監視や開封などをすることが可能です。
いずれの代理人を立てる場合にも、弁護士に任せることが一般的ですので、法律に対して知識を持たない素人が代理となることはまずありません。
事後処理の中でも財産や法的な手続きをしてもらうために必須の人材ですから、債務整理にこれから入っていっく企業の方は適切な弁護士を選んでそれを代理人とするようにしましょう。
破産宣告を行う場合には、会社法を専門とする弁護士が一番ですから、会社法について詳しい法律事務所を探すことにしましょう。
破産の際の代理人は複数の人員が必要となります。