破産を行う場合には代理人を複数雇う必要がある

破産を行う際には代理人を複数雇う必要があります。
まず債権者に対して申し立てを行うための、申立人と、財産の管理を行う破産管財人です。
管財人と申立人の違いは、申立人が債権者に対しての各種申請や申告に宣告を行うのに対して。
管財人は主に債務者の財産を管理するのが主な業務となっています。
管財人は破産した人から新たな財産が見つかった場合には、それらを債権者に対して支払う事も業務にしているので、申立人とはまた違った業務を行うことになります。
代理人の中でも管財人入っていの権限をもっており、宣告を受けたものの郵便物の監視や開封などをすることが可能です。
いずれの代理人を立てる場合にも、弁護士に任せることが一般的ですので、法律に対して知識を持たない素人が代理となることはまずありません。
事後処理の中でも財産や法的な手続きをしてもらうために必須の人材ですから、債務整理にこれから入っていっく企業の方は適切な弁護士を選んでそれを代理人とするようにしましょう。
破産宣告を行う場合には、会社法を専門とする弁護士が一番ですから、会社法について詳しい法律事務所を探すことにしましょう。
破産の際の代理人は複数の人員が必要となります。