自己破産したら税金も免責になるの?

自己破産は借金の残高をいったんゼロにして、新たに再スタートを切ることのできる方法です。
消費者金融や銀行から借りた借金はすべてゼロにしてもらうことが可能ですが、税金の未納分についてはどうでしょうか。
結論から言うと自己破産を行ったとしても税金の未納分については免責されません。
免責されない債務としては他に社会保険料の未納分や子供の養育費・損害賠償債務(誰かに対して損害を与えた場合にその弁償をしなければならない債務)などがあります。
それでは税金については支払いを免責してもらうことは絶対にできないのでしょうか。
結論的には非常に難しいということなりますが、非常に収入が少ない人の場合、住民税などであれば市役所に相談に行けば免責や分割払いの相談にのってもらえるケースもあります。
税金は国・都道府県・市区町村などそれぞれ担当部署があるので、相談はそれぞれの受付窓口に相談する必要があります。
自己破産をした後には金融機関からの融資は基本的にしてもらえないことになりますので、その後の税金や社会保険料の支払いについても十分に準備をしておく必要があります。
自己破産手続き後には家族のサポートを受けるなども視野に入れておくようにしましょう。