債務整理の依頼をする時は事前にいくらかかるのか確認しよう

いくつかの消費者金融から借り入れを行っていると、債務が膨らんでしまうことが考えられます。
自分の預貯金や給料だけでは返済ができないときには、債務整理について考える必要があります。
債務整理は自己破産などのような法的な手続きによって、借金問題を解決する方法のことで、自力で行えるものもありますが、一般的には弁護士に依頼する人が多いです。
債務整理の中でも自己破産は代表的な手続きとなり、弁護士に依頼したときには30万円~40万円ほどの費用がかかります。
債務整理の依頼をしたときの費用はあくまでも目安で、法律事務所ごとにいくらかかるのかは異なってきますので、事前に確認しておくことが重要です。
それぞれの手続きについていくらかかるのか調べるためには、初回相談を無料で実施している法律事務所に行く方法があります。
無料相談で正式な依頼をしたときには、いくら必要になるのか聞くことが可能で、費用のことを気にしないで質問できる点がメリットとなります。
無料相談を行っている法律事務所の中には、電話相談やメール相談の方法を利用できるところがありますので、法律事務所を訪れる前に確認しておくこともおすすめできます。
債務整理の方法としては、任意整理を選択することもできますが、1社あたりの債務について5万円ほどの着手金と、別に成功報酬を支払うことになります。